1. ホーム
  2. 日本の皆様へ
対談イメージ

イン・オンザレイクとヤムナスカが創りあげた旅のスタイル

オーロラが見えるロッジとして知られる「イン・オンザレイク」とホワイトホースを拠点とするガイド会社「ヤムナスカ」が、日本の皆様へ安心して滞在できるパッケージプランをご提供しています。

 

ヤムナスカは、現地の日本語ガイド会社として、言葉に不安なく安心して滞在できるにはどのようなサービスが必要かを常に模索してきました。 また、イン・オンザレイクも日本からのお客様に快適に滞在していただくために様々な取り組みを行ってきました。

 

日本人スタッフのいないロッジ滞在において、言葉の問題は大きな不安要素のひとつでしょう。旅のお問い合わせからご予約、空港でのお出迎え、ロッジの案内やオーロラ鑑賞のコツなど英語では的確に伝わらない部分はロッジスタッフも頭を悩ませることでもありました。 この不安要素を極力減らし、快適な極北のロッジライフを楽しんでいただくために、日本語での対応とサービスをロッジより一任されています。

 

我々は旅に心配事は必要ないと考えています。 言葉が心配な方、個人での海外旅行に不慣れな方でも快適で楽しい滞在になることをお約束します。

ヤムナスカのサポート
ymt-logo

ご出発までのサポート

お問い合わせからご予約、日程の変更、持ち物の相談、行程表の発行など(何をご購入いただいているか明確に致します。)ご出発まで必要な準備を日本語でサポートいたします。

ご滞在中のサポート

空港からの送迎、ロッジスタッフの紹介、施設の使い方、オーロラ鑑賞の場所・コツ、お持ちのカメラのチェック、などを日本語でご案内いたします。 ※特にオーロラ鑑賞や撮影は、しっかりとした予備知識(観賞場所やオーロラの兆候、カメラの設定など)があるとゆとりを持って楽しめるでしょう。

緊急時のサポート

フライトが大幅な変更となった場合でも、ガイドが間違いなく空港へお迎えに上がり、万が一、フライトキャンセルが発生した場合でも、変更手続きなどのサポートをいたします。 また、滞在中は24時間、日本語で緊急対応いたします。 (施設の問題、体調不良、行程の変更など緊急事態における対応など。)

ヤムナスカのパッケージツアーのご案内

日本語ツアー

『旅』として最高の演出
お客様のためのパートナーシップ

ロッジ業とガイド会社のそれぞれの役割

カーソン

基本的に、私たちはロッジ業、つまり、お越しいただいたお客様をロッジでおもてなしする役割、そして、ヤムナスカは、現地日本人ガイド会社として、ロッジでの実際の滞在以外の部分をお願いしているよね。10年ほど一緒に仕事をしてきたけれど、それが自然に出来上がった役割分担と感じるね。

本山

そうですね。私たちは、現地会社として日本からのお客様がスムーズに安心してお越しいただけるように、また、ロッジの素晴らしい雰囲気を満喫できるように、最大限のサポートすることが役割だと思っています。旅の企画段階からお客様の心配ごとやご要望をしっかりと聞き、それをツアースタイルに反映しています。

お客様は滞在中、言葉の問題などから、様々な不安を持たれることがありますが、一つ一つ解決し、思い出に残る滞在のお手伝いをする。当たり前のように聞こえますが、とても大切なことで、我々が現地にいる意味はここにあると思っています。心配なこと、不安なことは旅には不要ですからね。お客様には楽しい思い出だけを持ち帰って頂きたいと思っています。

img

スムーズに、もっと深く 、体感していただくために

img
img

オーロラを見逃してしまったお客様がいた

カーソン

以前はよく『いつオーロラが出るの?』『どこに出るの?』などの質問も多く受けたけど、オーロラが出ていても見過ごしてしまうお客様も多くいたんだよね。やはり自由に楽しめるロッジだからこそ、オーロラの特徴をきちんと知るということは大切だと思うけど・・・

本山

どうしたらオーロラを見逃さず、確実に見ることができるのか、我々も試行錯誤を繰り返してきました。まずはオーロラとはなんなのかの説明は基本です。最も重要なのは、『オーロラの兆候を見逃さないこと』、これは知らないとそれほど簡単ではないため、かなり詳しく説明させてもらっています。どの方向から、どんな感じに出現するか、実際にロッジではパソコンを使って説明しています。

ロッジでは制限時間なくオーロラ鑑賞が可能ですが、実際に宿泊されているお客様の悩みは『いつ寝ればいいのか』『いつオーロラを見に行くべきなのか』が、わからないところにあるようです。私たちの持っているノウハウはすべて伝授していくつもりでやっています。

カメラの撮影アドバイス

カーソン

いつもお客様のカメラをチェックしているけど、ほとんどすべてのカメラでのオーロラ撮影方法に精通しているようだね?

本山

私たちのガイドは、ほとんど全員が一眼レフカメラを使い、オーロラ撮影を趣味にしているものばかりです。『このカメラでオーロラは撮れるの?』 というようなご質問にもすべて適格に答えられますし、防寒対策や撮影方法などの専門的なことから、『どうしたら素敵なオーロラ写真が撮れるの?』という素朴な疑問まで、しっかりと説明しています。

カメラが苦手という方には、オーロラが撮れる設定をして差し上げています。 実は、オーロラ出現の兆候を見逃さないために、カメラが非常に役立つのですが、このへんの事も詳しく現地でお話ししています。

不安を取りのぞき、安心をご提供すること

トラブル時の対応がすべて

カーソン

予定どおり飛行機に乗り継げなかった、また、東京で飛行機が遅れた、帰路も空港に行ったけど、予定の便がキャンセルになった、などは、本当に避けたいトラブルだけど、どうしても起きてしまうことがあるよね。

本山

そうですね。この手のトラブルは避けたいところですが、万が一、起きてしまった場合を想定して、万全のバックアップ・プラン考えています。私たちは常にフライト・スケジュールを確認していますし、もし、乗り換えがうまくいかなかった場合でも、お電話を頂ければ日本語で的確なアドバイスができるよう、準備をしています。例え、真夜中に到着することになってしまっても、安全にロッジまでご案内するためのスタッフを用意しています。 また、帰りの便がキャンセルになってしまった場合は、別便への振り替えなど、様々なトラブルに対応できるよう、スタッフを教育しています。

トラブル時にお客様が感じるストレスは本当に辛いものですし、我々はお客様の不安を軽減する役割を持っていると自覚しています。

カーソン

そうだよね。実際、ロッジ業を行っている私たちにとって、送迎サービスなど、万全の態勢を整えることは難しいからね。特に飛行機に関するトラブルが起きた時は、我々だけではお客様に十分なサポートができないことも多いから、その意味でも、ヤムナスカがトラブル対応を担当してくれて、非常に助かっているよ。その分、我々はロッジ業に専念することができて、お客様にご満足いただける「おもてなし」ができるからね。これは、ロッジとガイド会社との役割分担の中でも非常に大きな部分の一つだろうね。

img
img

皆様のお越しを待ちしております